かっちゃんの 石 油 発 動 機
  所有機 目 次
  所有機 目 次
 石発番外機 目次
 工 作 ル−ム

共 和  A3

ダイエン AU-1 ヤンマ− NT85K 木工編・鉄工編
クボタ BZA タコマ (箱マグ) ヤンマ− NS40C
クボタ CHD  クボタ2D (一本棒) ヤンマ− F5  そ の 他 記 事
アキツ BEST VICTOR (ビクター) サト−式 焼玉発動機   Enjoy 阿蘇
クボタ BHB カワサキ KWH30 ヤンマーFA55 湯布院 Fest
クボタ AHC管理受託機   ヤンマー K2
ライト C型

 

   
                  
 
            BEFORE                                               AFTER
共和 A3
レストアを初めて手がけた石油発動機です。平成17年5月から 始めて8月末に、回りました。 「農発復元記」にて詳細レポ−トをしています。
クボタ BZA
クボタ BZA は、野積にされていたために外観が凄く荒れていて、クランクは回るが全く圧縮のない状態でした。
しかし、バルブカバ−のへこみがバルブを押していたためで バルブカバ−をはずしてみれば、圧縮十分でした。 ポイント磨りと、高圧コ−ドを交換しました。 しかし、燃料系統が乾燥していて、器に歪がありました。ストレ−ナ−と、二連のキャブが相当ひ どく、歪み直しやパッキンの作りを何度も行いましたがよくならず 少しの漏れは防ぎようのない状態です。
クボタ CHD
                                   

CHD は、BZA と一緒に長年野積されていました。7馬力でかなり大きさがあります。現在ヘッドの分解まで進んでいます。写真のとおり、シリンダ−とピストン・リングもしっかりしていますので、何とかなりそうです。(その後)ほぼ組み立ても最終段階にきました。圧縮は強く掛ける時は難儀する感じがします。風雨に耐えてきたこの発動機は、マグネットがダメだったこと、スプリングなどバルブ周りの金属劣化と、数箇所に不安がありますが、慎重に仕上げるつもりです。
平成17年11月20日 試運転を行いました。機体が大きく、その上に圧縮が十分のため、クランクを廻し切れずなかなか掛からないので、ヤンマ−ジ−ゼルの力を借りて引き回しとなりました。ニ−ドルの具合が合って一発火が付くと、あとは廻りましたが、ミスをするというか、脈動となりその原因がわからないうちに約1時間程廻して試運転終了となりました。ともかく廻って一先ずヤレヤレです。

平成17年12月10日 前回とにかく廻りましたが脈動状態であったので、その後 MrEngine 氏や石油発動機氏に教えを乞いながら改善しました。マグネットの歯車を3山分遅くしましたが、調子が今一、結局合マ−クより2山遅れがベストの様です。ガバナ−の蝶弁スプリングをバネレ−ト約半分に。燃料パイプをひとまわり太く。又ヤンマ−ジ−ゼルの力をかりましたが、かなり低速でも安定するようになりました。


せっかく安定して回るようになりましたが、クランク室内のシリンダ−との組み立て部から水漏れが発生しました。30分で牛乳瓶一本程度ですがオイルパンに溜まります。早速分解修理に取り掛かりましたが、シリンダ−が抜ける気配がありません。はたっと困り果てている状態です。 


上記記録のとおりクランク室への水漏れが発生、平成18年正月早々シリンダ−抜きとの葛藤が始まりました。初めは手ハンマ−の大きいので叩き出すべくやって見るのですが・何の変化もなし。Mr.Engine 氏に聞けば4〜5キロぐらいの両手で叩く大ハンマ−でなきゃあかん、とのアドバイスをいただきました。早速買ってきました。硬い目の木を当てて思い切り叩くこと、半日を二回繰り返しましたがビクッともしません。

このCHD は年代的には新しいので、何か特殊な工法で挿入され、素人が手で叩くぐらいでは、ダメなのだっと思うようになりました。「名医」「石発」「発太郎」など諸先生の教えを乞いながらいろいろチャレンジしましたが、CHD は全く受付ませんでした。そこでシリンダ−抜き工具を「名医」「発太郎」さんの教えで作ることになりました。簡単な図面を画いて2月下旬に鉄工所へ製作依頼しました。今日8月11日現在まだ納品されていません。もう催促もしないようになりました。

話はさかのぼりますが、5月の湯布院で「名医」さんの秘伝工具を借りることとなり、6月18日に到着、早速作業開始。えらいものです、あれだけ叩いてもダメだったものが、写真の如く、ズルズルと出てくるではありませんか。もう嬉しくてうれしくて。あとは防水部をピカピカに磨きあげて、瓦用コ−キングを使い、一度失敗しましたが二度目で水漏れがとまりました。

分解寸前には、絶好調でありましたが、その時の記録どおりに電気・ニ−ドルを合わせているのに、石油では、まだ機嫌の悪い日が続いています。 平成18年8月11日
アキツ BEST
アキツ BEST(or BFST)は、つぎの、クボタ BHB とともに Z7 さんのご好意によって譲っていただきました。特にこのアキツは塗装が綺麗に保存されていました。動画で見ると早い回転で廻っていますが、これは荷ほどきをして、少しの点検だけで掛けたために調整不足の状態で撮影したためです。すぐに石油に切り替え成功、好調です。

平成18年3月末頃に、燃料タンクから石油が漏れだしました。気付いた頃は本の少し滲む程度でしたが、だんだん進み回して振動のあった日には、地面に漏れの跡がつくようになりました。本体から外して半田付けを試しましたが、素人の半田ゴテでは、一方が付けば排出口が外れる、またその逆を繰り返しうまくいきませんでした。そこで専門のブリキ屋さんに頼み加工をしてもらいました。古くなったブリキの扱いなどを教えていただき、よい勉強となりました。
ブリキの為には塗装も大事と教わり、結局1ケ月がかりでの、修理となりました。
        平成18年5月5日完了
クボタ BHB
クボタ BHB です。当時は一番の売れ筋であったかと思います。デザインと運転の安定感は抜群で使い易かったのですね。
クボタ AHC (管理受託機)
近所の田中さんが、使用していたこの「クボタ AHC」を、いつまでも保存をしようと、氏が今から約30年前に販売店を通じてオ−バ−ホ−ルをしてもらい、今日まで納屋で大切に保管されていました。
最近そのことを聞いて、いちど運転してみようとなり 本日平成18年1月21日に行いました。
インパルスの爪が固着していたのと、燃料タンクの逆流防止弁のボ−ルが固着していたぐらいで、簡単に始動しました。
すぐに石油への切り替えも出来て、かなり安定した廻りとなりました。オ−ナ−は自分にはもう回せないので、かっちゃんに預かってくれと言うことになりましたが、かっちゃん家は狭いのでオ−ナ−家の納屋に戻し、管理を引き受けることになりました。
ライト C型 2.5馬力   

昨年末から譲っていただく話を進めていましたが、本日平成18年1月26日快諾いただき軽トラックまで借りて持ち帰ってきました。
2.5馬力 1100回転と銘盤に書かれています。クランクカヴァ−がネジ止めで角ばっていて、カヴァ−を2室に分けて、その一つにマグネットが備えつけてあります。
ホッパ−の口が四角いので古いかなと思いましたが、比較的新しい機械ですね。
大変重たいけれどクランクは廻りますが、バルブが固着状態で圧縮はかかりません。インパルスの音は聞こえません。石油タンクは、破れていて蓋が欠品しています。他は部品は揃っているようです。写真で見るよりも錆び付きや、塗装の浮きが目立ちます。

まず、汚れがあまりにも酷いので、友人の自動車整備工場でスチ−ム洗浄を行いました。キャブ周り・ヘッド・クランクカヴァ−・マグネットと順次分解整備をすすめました。永らく野積みされていたので、いたるところに泥と木の葉や草が入りこんでいて洗浄に手間がかかりました。石油タンクには蓋がなかったので、小さな虫が巣をつくっているありさまでした。それでも案外しっかりしていて、1箇所の穴と、石油吸い込み口の金具を半田付け修理で復活。キャブは、中部分の錆退治と調整のみ。バルブ周りは錆は当然としても、すり合わせに時間をかけなくとも、しっかりした状態であった。クランク・ギァ−廻りもしっかりしていて洗浄と注油のみ。マグネットはコイルの乾燥と、ポイントの磨り合わせで、火が大きくなりました。だいたい4・5日の手入れで一通りの整備を済ませました。
そして、平成18年2月11日に、めでたく試運転。掛はスム−スで。石油への切り替えも問題なく行えましたが、大きな問題として動輪の歪みがあり、運転開始とともに金杭で止めなければ歩き回る始末です。それと、普通、時計の針で言えばクランクハンドルの45分あたりで点火のタイミングになるとおもいますが、この発動機は真上、0分あたりで点火となります。しかし動輪のピンもちゃんと入っているので、とうしようもなく、すこし変やなと思いながらも、二点の課題を抱えています。



キャブの分解
この LIGHT は上記の記事以降、23回運転しました。そして最近始動が少しし難くなったので、まずキャブの分解掃除をしました。始動なので揮発回路を丁寧に磨きあげました。このキャブは大きく2ブロックに分かれていて、右の上下写真はキャブ本体の上と下から見たもので、これ以上の分解は出来ません。普通はよく錆びて固着する玉もなくてかなりシンプルな構造です。結果は始動良好となりました。    平成19年9月8日
ダイエン AU-1

平成18年4月15日、知人のお世話になり入手しました。大塩鉄工所は三重県四日市市にあったとの資料があります。この発動機は和歌山県で働いていたと聞いています。
かなりの年月にわたって使われていたものと推測される一品です。何箇所かに、針金で応急修理をしたところがあり、横転したような形跡も見られます。ただ写真でも分かりますように比較的新しい物です。シリンダ−への注油もオイルポンプを介して回転数に応じて行うようにされています。一度綺麗に洗浄をしてから、リストア計画をしたいと思います。排気バルブのコッタ−が欠品していてコッタ−の形式も、いわゆるよく有る二つに分かれているタイプではなく、かんかん秤の分銅のような馬蹄形です。よって現在圧縮の具合も不明です。

いよいよ、ダイエンのレストアにかかりました。クランクメタルの1/4が破壊しています。先の5月の由布院で、このままの組み込みで大丈夫と三人の方からコメントをいただいたので、昨日、ピストン周りの組み込みを行いました。クランクはピストンなしで仮組を行い締め付けトルクのテストを繰り返してやってみました。かなりの力を入れて締め付けを試してみましたが、ナットが14ミリで、適合スパナでほぼ力一杯で問題がないようです。福岡の F 氏が作ってくださいました、コッタ−を嵌めて圧縮検査をしてみました。コンプレッションゲ−ジがないので感覚ですが、かなり低いようです。シリンダ−にオイルを加えてみて、やっと掛かるにぎりぎりの圧縮状態です。
       平成18年10月15日


ダイエン テスト回し
石油系統の繋ぎは未だですが、キャブレタ−の分解掃除も完了し、マグネットも調子が良さそうなので、ガソリンだけでテスト回しを行いました。やはり圧縮が不足なのか手でのクランクではなかなか掛かりません。そこで今日は BZA の力を借ることにしました。
1/4 程ニ−ドルを開いたあたりで爆発音とともに元気に回りだしました。心配したクランクメタルも異音はなく一先ずヤレヤレの感じです。振動も少なくまずまずの合格というところです。10分間ぐらいの運転で止めて潤滑油の系統点検を行いました。ガラスオイラ−ではなく、ホッパ−の上にタンクを抱いて、オイルポンプで注油するタイプです。これもまずまずというところです。そして再始動は手の力で難なく OK 。やはり一度火が入ったら圧縮もそれなりに増加していました。約30分ほど運転した頃、ガスケットあたりから水漏れを発見。今日はこれまでとして、ヘッドガスケットの再修理というところです。         平成18年11月5日

タコマ (箱マグ)
ついに念願の「箱マグ」の入手です。先日の平成18年5月20日に湯布院で開催されましたフェスタの帰途、筑後市の S 氏の宅に寄り氏のコレクションを拝見させていただきました。その折におねだりして、タコマを譲っていただきました。
   

クボタ 2D (一本棒)

なぜ一本棒エンジンが存在するのだろうか、という疑問を持ちました。4サイクルエンジンにプッシュロッドが一本とは、吸排をどのように分散してバルブを押しているのだろうかって。
小話 第141話から
「ワンバルブ」 《ワンバルブは、ワンロットという言い方が正しいのかもしれません。吸入圧追従開閉弁(かっちゃん語)、いずれにしてもプッシュロットが一本の4サイクル石油発動機のことです。》 普通、4サイクルエンジンには、吸入と排気の二本のバルブがあってカムシャフトで持ち上げられた力をプッシュロッド、ロッカ−ア−ムを通じて、それぞれのバルブを開閉します。ところが千回転以下までぐらいですと吸入は、吸い込み圧とバルブスプリングの働きだけで、いけるのです。 ワンバルブとは、吸入バルブに押し上げる装置がないという意味です。 現在のように高速回転のエンジンでは無理ですね。

箱マグともに、どうしても欲しかった一品です。この 2D は、かの Mr.Engine 氏のご好意によりまして整備をしていただきました。当家への嫁入り話は半年前にも整いまして、この間実家にて入念な花嫁修業をいたしておりました。このたびすべてを終え、本日平成18年6月18日に晴れて嫁入りとなった次第です。

平成18年7月1日 今日は少し時間をかけて、いろいろと調整しながら運転を行いました。なにしろ先のタコマと2台目の低速でありまして、なかなかうまくニ−ドルの按配ができません。そして今日気付いたのですが、低速はニ−ドルが至ってシビアということです。比較的に新しい昭和30年以降機よりも、ずっとデリケ−トに出来ているのです。石油への切り替えも何とか成功して、一先ずやれやれの感です。

マグネットの歯車落下事件
調子よく運転中、ガタッッとの異音とともにエンジンストップ。スワッっとクランクカヴァ−を開いたら、まぁコンロッドは無事のよう、では何だろうかとよく見れば、オイルパンに歯車が一つ落下しているではありませんか。「痛かったやろ-、よしよし」と拾い上げ、ワッシャ−とボルトも。しかしマグネットのシャフトに入る5ミリ強のピンがない。しばらくオイルの冷えるのを待って手で探す。無事見つかりました。
機械物は点検肝心の巻きでした。                          平成18年9月23日
   
VICTOR (ビクター)  型式 F 馬力 2 回転数 750


AB
CD
A 右書の名盤
B 「農林用証票・浮羽郡農会」の木札
C キャブ整備
D  新調した燃料タンク

この発動機、VICTOR F型がいつ製造されたのかは資料が無く不明です。しかし、名盤に書かれた「ビクター」が右書きとなっているところから、戦中もしくはそれ以前ではないかと考えます。
また、発動機の台木に残る木の札から、戦時中に燃料の配給を受けていた鑑札ではないかと思われます。
これらから考えられることとして、この時代に何故 SOHC(以下OHC)として生産されたのかと思います。
私は昭和40年に HONDA S600M を購入しました。それというのも DOHC エンジンに憧れて、その高性能、時計のように精密で世界中でも稀に見るDOHC車に惚れこみ、ボンネットを開いた時に誇らしげにデンと構えるヘットカヴァーに心酔したものでした。
この、OHC 発動機があることを知った時から、どうしても欲しい逸品でありましが、この度福岡のF氏のご好意によりましてこの VICTOR F を譲り受けることができました。
書によれば、明治30年にルドルフ・ディーゼルが開発したエンジンは OHC であったそうです。古くからエンジン構造上、オーバーヘッドカムシャフトが理想と考えられていたのですね。
OHC は OHV と比較してプッシュロッド等、バルブまわりの慣性質量を少なくして高回転・高出力を得ることができます。半球形燃焼室を始めとして、さらに高性能とするための DOHC 化が史実として進められてきました。一方プッシュロッドに代わるベベルギアやギアトレーンが必要であり構造上の複雑からコスト高となります。また、レース界や航空機を除けば、一般に高性能エンジンが必要となってからは日が浅いのです。
なぜ、VITOR を製造した野依商店は、この時代に農業向発動機に OHC を採用したのかは、よく分かりませんが新時代への開発スピリットであったのではなかろうかと思われます。
先述の、ホンダS600 以後、国の内外を問わずに自動車エンジンに OHC が主流になり、高性能スポーツカー等には、DOHC が定番となりました。

さて、譲り受けた憧れの VICTOR OHC は、永年眠っていたらしいが大きな不都合、欠品はありませんでしたが、マグネックの発電量が少なく安定した運転ができなかったので、コイルの巻替えと回転部の部品交換を F氏に依頼しました。その他、主に手を入れた箇所はキャブレターのオーバーホールと、オイラーの不具合修理、ガバナーの過敏解消、燃料タンクは穴あきの為に新調をしました。
調整しながら10回程の運転をして、現在ようやく調子が出てきたところです。   平成22年10月28日

カワサキ KWH30 (常用馬力 最大馬力 1,800回転)

おそらくどこの発動機メーカーにおいても、この発動機の製造年代で石油発動機としては、最終モデルの類と思われます。この後には効率の良いガソリン発動機と移り、馬力アップと共に持ち運びの軽量化して利便性が追求されてきました。
いわゆる石油発動機は主に農業用として発展進歩をしてきたもので、定位置で据えつけて使用する工業用や、漁船には重量より安定性や燃料コスト面からジーゼル発動機が多く使われてきました。
この、カワサキも写真で見るとおり、小型軽量でありながら常用で3馬力、最大4馬力のパフォーマンスを誇る。男性であれば一人で持ち運びが可能なスペックとなっている。

さて、ロープスタートのこの発動機を手に入れた時は基本的な構造には部品の欠品も無く揃っていたが、燃料系統とキャブレター関係が製造年代の新しい割りにというか、新しいゆえにプラスチック部品が数箇所に使われており、それが伸縮したり風化しており、代用品や金属で作ったりしなければならなかった。
また、全体的な感じから、ガソリンから石油への切り替えが自動的に行われるオートエンジンであると思われるのであるが、始動の際にガソリンを注入するのに、一定の必要量が充填された時に注入を停止する機構がなくて流れ放しになるので、今でもわからず、とりあえず始動に必要な量をキャブレター内に流れたら、コックを閉めている。そして始動すれば、30秒から1分の暖気運転の後に、石油コックを開いたら自動的にガソリンから石油に切り替わるようにしています。
もし、取扱書にのっとった始動方法のご存知の方は、ご一報をお願いいたします。

平成22年12月5日の日曜日に、岐阜県・水晶の湯で開催されました石油発動機運転会へ「カワサキ KWH30 」で参加してきました。その時、同好の氏から、この発動機と全く同じだが、カワサキではなくて「ダイキン」のネームを付けたのを所有しています。とのお話しがありました。つい2ヶ月ほど前に、ヤフーオークションに「クボタ」として、出展されているのをも見ました。
たぶん、石油発動機としては、末期の頃にノーブランドというか、無印良品の製造者が有名メーカーに売り込んで販売ルートに乗ったものなのかなと考えています。
しかし、私自身はこの石油発動機を、昭和40年前後当時に見た記憶はありません。
先日の運転会では、大きな古い発動機に混じって、超小型の KWH30 はすごく可愛く見えました。
 
   



           このペ−ジ 先頭