ちょっと小話コーナーShort Story
ご感想やご意見は、掲示板で待っています。

第446話 正月やぁ〜♪ 第447話 朱に交われば赤くなる 第448話
第449話

第450話

第451話
           
           
           
           
小話保存壱号館へ 小話保存弐号館へ 小話保存参号館へ
  小話保存四号館へ   小話保存五号館へ   小話保存六号館へ
小話保存七号館へ 小話保存八号館へ

小話保存九号館へ

  小話保存拾号館へ   小話保存拾壱号館へ   小話保存拾弐号館へ
  小話保存拾参号館へ   小話保存拾四号館へ   小話保存拾五号館へ
  小話保存拾六号館へ   小話保存拾七号館へ   小話保存拾八号館へ

 第447話 朱に交われば赤くなる

平成31年 1 月 15


1年中でも寒さの一段と厳しいこの折に、人が生きて行く上で何度か巡り合う、いわゆる人生の岐路で人はどう舵を切ってきたのかと、またどうするべきであるのかと少し考えて見ました。

今回は、朱にふれると赤くなるように、人も交わる友によって影響をうけ善にも悪にも感化されるというものです。

誰でも生きて行く上では、自分以外の多くの人と交わりながら生活を送ることになります。その生活基盤に於いて交わったり単に出会ったりする過程で得る友達が、己にとって良い友達を持つことが大切であるという意味を説いた言葉です。

そしてその出会い等の一時点では、なかなか自分の行く末にどう影響を及ぼすかは図り知ることが出来ないのが普通かと考えます。

さて、今回のお題を進めるに当たっては、もう一つの諺としましてよく耳にする、 水は低きに流れ人は易きに流れる、という言葉があります。これは水は低いほうに流れるごとく、人は安易な方を選び勝であるということです。言えばちょっと難しいなとか、嫌やことだなと思った時には、分かっていてもつい楽な方を選んでしまいます。

例えばの話として、図書館へ勉強をしに行こうと誘う友と、若者のハ−トを掴んで羨望の的であるア−ティストのライブを聞きに行こうと誘う友があれば、特段の状況がなければライブへと足を向けることになると思います。ライブに行った切っ掛けで末には大ア−ティストへと昇り詰める場合もあり、何もライブ行きを否定するものではありませんが、易きに流れる例えとしました。

これが数時間の出来事であったとしても、いざ 人生の最大の岐路であったらどうであろうかと、最も大事な青春での出会いではどうするべきか、また自分はどうしてきたかと思い起せば、自分の中では大変な選択の岐路であったと思います。

普通に考えれば、良い友を選ぶことの大切さと、最適な環境に身を置くことの重要さを求められていたことにになります。 朱に交われば赤くなるというように良い友達を選ぶことが、大事なことであります。

もっとストレ−トには、 朱に交われば赤くなるとは、家庭・社会・学校・職場等の良し悪しに関係なく、どのような情勢でも言えることで、悪い人と関われば悪くなり、良い人と関われば良くなると言う事であります。



 第446話 正月やぁ〜♪

平成31年 1 月 1


---------新年 あけまして おめでとうございます-----------
-----本年も、「小話コーナー」をよろしくお願いいたします------

正月や〜あ〜 正気で母さんさせたがる させたがる 娘もしたがる カルタとり

カルタは、日本語ではなくてポルトガル語なんですね。日本では類似する遊び道具としては花札のように「札」と言い現わされます。でも「札」と言えば遊び道具てはなくて、プロの方々が鎬をけずる命がけの道具となります。

さて、優しく「カルタ」のお話といたしましては、 日本の昔話が描かれているようなものであれば、小さい子供さんにも関心をもってもらえてその上に、大人からも改めて懐かしい昔話を思い出し、昔話からの教訓をカルタから学ぶことができます。

また、少し格式ばったお話としまして、小倉百人一首というのがあります。これは藤原定家が選んだ100人の歌人の和歌を集めたものであります。この中から何首覚えたかなど友達と自慢ごっこをしたものです。まだこれを理解したり、覚えられない頃には、百人一首を使って坊主めくりを楽しみました。カルタは外にもババ抜き、神経衰弱等いろいろと工夫次第で友達同士の集まった折とか普段は家族で楽しむことができますので、大抵どこの家にも一そろえはあったものです。

しかし、最近のカルタにはスマ−トフォンや、他の電子機器の遊具に負けじと、読み上げアプリが対応しているものや、読み上げCDが付属している物も存在いたします。これらなら読み上げする人がいなくても、読む順番もランダムに変わるらしく緊張感を持って遊べます。子供さんとお母さんの二人きりでもカルタができますし、アプリやCD付きのカルタがあれば、時も場所も自由に便利に楽しむことができます。極端には一人でもその気なら遊ぶことが可能です。

まあ、しかしカルタは昔からのお正月の定番の遊びでもあります。現在では世には溢れるばかりの遊びがあります。されど家族の中であったとしても、ワイワイガヤガヤと喋りながら意思疎通を図るには、カルタ遊びは最適かと思われます。私の昔の思い出ですが、お正月が過ぎて1日1日と日が過ぎても、あと今日だけと鳴きを入れながら家族で遊んだことがあります。

お題のように、娘の年になってもカルタとりの遊びは一家団欒の礎であったかのように思われます。お父さんやお母さんと一緒に何かができることが子供にとっても喜びます。ぜひご家族揃って遊んでいただければよいと思います。

 


小話保存壱号館へ小話保存弐号館へ小話保存参号館へ
 小話保存四号館へ 小話保存五号館へ 小話保存六号館へ
小話保存七号館へ小話保存八号館へ

小話保存九号館へ

 小話保存拾号館へ 小話保存拾壱号館へ 小話保存拾弐号館へ
 小話保存拾参号館へ  小話保存拾四号館へ   小話保存拾五館へ
  小話保存拾六号館へ   小話保存拾七号館へ   小話保存拾八号館へ